印刷するMSP13A-1000 バリアブル加工対応レーザーカッター

MSP13A-1000 バリアブル加工対応レーザーカッター

急速に高まる極少ロット多品種ラベルのニーズに答え、デジタル印刷に合わせた
バリアブル・コンバーティングを可能にする高精度レーザー加工機。

用途

・ラベル加工

導入メリット

  • 無版加工
    コンピュータ制御のレーザーによりラベル加工を完全デジタル化。サイズチェンジに伴う版や胴の交換作業等が
    一切存在せず、ジョブ替え時間を大幅に短縮。
  • 多彩な加工パターン
    通常のハーフカットに加えて全抜き、コーナーカット、パンチ加工、ミシン加工など多彩な加工パターンを提供。
    ラベル製品の高付加価値化に貢献。
  • スキルレス操作
    タッチスクリーンによるオペレーター・インターフェースを採用し、運転制御、カットライン制御、レーザー出力調整等を
    全て一貫コントロール可能。

特長

  • 極小ロット対応
    抜き型の必要が無い為、従来のフレキシブルダイ方式では採算の取れなかった極小ロットの仕事を
    こなす事が可能。
  • プリンターへインライン搭載
    ラベル生産をより効率化するため、当社製デジタルプレスMJP13LX-2000へのインライン搭載が可能。
    ワンパスでの印刷〜フィニッシングを可能にします。
  • コンパクト設計
    ミヤコシ独自の用紙搬送技術を採用し、機械全長約1500mmの省スペース化を実現。
    最短の紙パスにより損紙を最小化します。

主仕様

最大用紙径 300mm
最大用紙幅 342.9mm
最小用紙幅 177.8mm
最大加工エリア 330mm x 330mm
用紙厚範囲 60μm ~ 250μm
機械最高速度 10m/min
【お問い合せ】製品に関するお問い合せ・ご相談は (株)ミヤコシ営業本部 東日本営業部 TEL:047-493-3854 FAX:047-493-3071 受付時間:9:00〜18:00(弊社営業日のみ)

ページトップへ