ミヤコシIJ機の実績広がる

印刷雑誌 2018年3月号掲載

フォーム(伝票)印刷用のオフセット輪転印刷機メーカーだった(株)ミヤコシ(千葉・津田沼、宮腰亨社長)のデジタル印刷機の展開が活発だ。インクジェット(IJ)、液体トナーの開発が進む。液体トナー(湿式現像方式)のデジタル印刷機は まだ完成品にはなっていないが、IJ機はOEM 供給や捺染機ではすでに多くの実績がある。同社の売上は2017年3月期で163億円程度。海外比率は3割ほどで、海外展開としては、オフセット印刷機は現地法人や代理店、デジタル印 刷機はOEM供給の戦略である。

詳細記事を読む(PDF)

関連記事

PAGE TOP