東レ VOCフリーを実現 軟包装用水なしオフ輪機を共同開発

印刷ジャーナル 2019年3月25日号掲載

東レ㈱(東京都中央区、日覺昭廣社長)は、NEDO事業において、印刷機械メーカーなどと協力し、食品や生活用品など身近な商品の軟包装材向け印刷用に世界初となる水なしオフセット印刷機を共同開発した。同印刷機は、印刷工程に揮発性有機化合物(VOC)を含む液体(湿し水)を使わない、水なし印刷方式を採用しており、環境に配慮した印刷が可能。さらに東レ独自の水なし平版と省電力LED-UV技術によるインキ乾燥方式と組み合わせることで軟包装用印刷のVOCフリー化と従来の印刷方式に比べて約80%の消費電力削減を実現する。

詳細記事を読む(PDF)

関連記事

PAGE TOP