世界初の軟包装用水なしオフ機開発

印刷新報 2019年4月4日号掲載

ミヤコシ(宮腰亨社長)は3月18日、19日の2日間、宮腰精機国見工場(秋田県大仙市)において開催したOPEN HOUSE 2019春において、軟包装向け水なしLED-UV間欠オフセット輪転機VPP13WLを発表した。VPP13WLは国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下NEDO)のプロジェクトにおいて開発され、VOCフリー、消費電力の大幅削減など環境対応に大きな力を発揮する性能を備えている。また、同イベントでは包装紙向け水性フレキソ印刷+シートカット装置MFX52S、プライマー搭載オフセット輪転機MHL13Aも発表され、来場者の注目を集めた。

詳細記事を読む(PDF)

関連記事

PAGE TOP