新たな軟包装印刷を提案 出品2機種にLED-UV搭載

印刷ジャーナル 2019年4月25日号掲載

㈱ミヤコシ(宮腰亨社長)は3月18・19日の2日間にわたり、宮腰精機㈱国見工場(秋田県大仙市)で開催した「OPEN HOUSE 2019春」において、LED-UVを搭載した軟包装市場向けの最新機種を公開した。参考出展として紹介された「VPP13WL」は、東レなどと共同開発した軟包装向け水なしLED-UV間欠式オフセット輪転機。同機は、東レが開発した水なし平版と水溶性UVインキとの併用により、印刷時にVOCを含む液体(湿し水)を使う必要がないほか、印刷後の設備などの洗浄にVOCが発生しない水系洗浄液を利用することができる。

詳細記事を読む(PDF)

関連記事

翻訳はみつかりませんでした
製品に関するお問合せ・ご相談は




TEL


047-493-3854


FAX


047-493-3071


※受付時間:9:00~18:00(弊社営業日のみ)




PAGE TOP