紙ストロー生産機「STO-001」内覧会に予想上回る見学者

印刷タイムス 2019年10月30日 掲載

デジタル印刷機の株式会社ミヤコシ(千葉県習志野市津田沼、代表取締役:宮腰亨)から、プラスチックストロー廃止を目指す革新的な新技術・紙ストロー生産機の開発を目指して約1年半後に「STO-001」を開発、10月23・24日の二日間、千葉県八千代市大和田新田の工場で内覧会を開催した。印刷企業を中心に案内をして、主催者の予想を上回る220名を越える参加者となったことに、「時代の潮流に乗ることが私たちにもできるのだ」と、印刷技術の役割と責任に未来の道を開く企業になったともいえる。

詳細記事を読む(PDF)

関連記事

PAGE TOP