紙ストロー生産機披露 最高速度毎分150本 高水準、高品質アピール

日本印刷新聞 2019年11月11日 掲載

㈱ミヤコシ(本社・千葉県習志野市、宮腰亨社長)は10月23・24日の両日、千葉県八千代市の同社POD開発事業部クリーンルーム/デモルームで「紙ストロー生産機 内覧会」を開催した。2日間で約220人の来場者が訪れたこの内覧会では国産初となる紙ストローの量産製造機「STO-001」を披露。印刷機製造の中で培ってきた用紙搬送・加工技術をベースに、これまでの機械にはない水準で高品質な紙ストローを安定生産できるところをアピールした。

詳細記事を読む(PDF)

関連記事

PAGE TOP