Miyakoshi
Digital Press 20NX-5000

超微粒子液体トナー採用でオフセットに迫る高品質を実現。バリアブル印刷と高品質を融合した新世代デジタルプレス。

用途

・パンフレット
・カタログ
・ダイレクトメール
・フォトブック
・出版印刷
・その他一般商業印刷

導入メリット

可変情報印刷

毎ページ異なる情報を印刷することで、付加価値の高い新たな製品を創造しビジネスチャンスを拡大。

多品種、小ロット、短納期対応

従来の印刷設備環境の中では対応できず、ビジネスチャンスを逃していた小ロット・多品種・短納期製品を取り込み、マーケットニーズの現状を印刷ビジネスの中核にすることが可能。

セット替時間と在庫の削減

人件費と在庫管理費というコスト負担を削減することで、利益を創出しやすい環境を構築。

高品質、高生産性

オフセット印刷の印刷品質と生産性に限りなく近づいたオンデマンドプリンター。ロール給紙で、様々な後加工機とのインライン化も可能。

特長

1,200dpi x 1,200dpi高画質デジタルプレス

超微粒子液体トナーと電子写真印刷方式の採用により、オフセット印刷品質に近い高画質なバリアブルプリントを実現。商業印刷の分野にバリアブルプリントの要素を取り込み、新たな高付加価値を創造。

業界最高域100m/minの高速出力

タンデム方式の採用により、液体トナー使用の電子写真プリンターでは世界最速100m/minの高速出力を実現。高生産性と高品質を融合した新世代デジタルプリントは、新たなオンデマンド市場をサポート。

オペレーション環境

トナー濃度の自動コントロールシステム、印圧の自動調整機能、カセット化されたプリントユニットなど、オペレーションやメンテナンス負担を大幅に軽減。

高精度の搬送技術

これまでミヤコシが培ってきたウェブオフセットプレスの技術を導入。ミヤコシ独自の用紙搬送構造により、高い安定性と高精度の印刷を実現。さらにエンドレスブランケット採用により、長尺バリアブル印刷やバナー広告などの印刷が可能。

充実のオプション加工機

長年、印刷機・特殊加工機の製造を手掛けてきたミヤコシだからこそ出来るデジタルプリンターと加工機の複合システムをお客様のご要望に沿った仕様で提供。(マージナルパンチ、ファイルパンチ、縦ミシン、横ミシン、スリッター、シートカット、折加工等)

主仕様

印刷方式 電子写真方式
トナー方式 超微粒子液体トナー
最大印刷幅 487mm
最大用紙幅 520.7mm
解像度 1,200dpi x 1,200dpi
色数 片面4色または両面4色
印刷速度 100m/min(将来的に120m/min)
使用トナー 液体トナー(CMYK)
定着方式 赤外線ヒーター+定着ロール方式
PAGE TOP