MJP20H
インクジェットプリンター

既存システムに新たな付加価値を創造するアドオンタイプインクジェットシステム。

用途

・可変情報の印字(ナンバー、バーコード、QRコード、文字列)

導入メリット

印刷機とプリンターのインライン化

既設のオフセット・グラビア・フレキソによるフルカラー印刷品質と生産性はそのままに、インラインで可変情報を付加。新たなビジネスの可能性を拡大。

短納期対応

既設の生産設備へ増設する事が可能で、工程を増やさずに可変情報印字を実現。

低イニシャルコスト

高解像度+高生産の可変印刷システムを、低価格で導入可能。

特長

単色可変情報印刷

MJPシリーズと同仕様のプリントヘッドを採用し、既設機の生産能力を維持したまま可変印刷による付加価値創造と生産効率の向上を実現。印刷と印字を同時に行える低コストのバリアブル印刷は、デジタル印刷機のイニシャルコストを低減。

簡単な操作

Windowsベースのコントローラを採用し、簡単な操作によりオペレーターの負担を大幅に軽減。

主仕様

印刷方式 ピエゾ式ドロップオンデマンド方式
ヘッド モノクロ108mm幅
解像度 600dpi x 600dpi
印刷速度 UVインク:最大100m/min
水性(染料・顔料)インク:最大150m/min
印字幅 1ch=108mm
※最大8chまで搭載可
乾燥方式 UVインク:UV乾燥機
水性(染料・顔料)インク:IRヒーター
PAGE TOP