MJP20MX-7000
インクジェットプリンター

インクジェットプリンターの枠を超えたMJPシリーズハイクオリティモデル。

用途

・トランザクション
・メーリングサービス
・通信教育教材
・マニュアル関係
・カタログ
・パンフレット
・書籍・出版
・その他一般印刷

導入メリット

可変情報印刷

毎ページ異なる情報を印刷することで、付加価値の高い新たな製品を創造しビジネスチャンスを拡大。

多品種、小ロット、短納期対応

従来の印刷設備環境の中では対応できず、ビジネスチャンスを逃していた小ロット・多品種・短納期製品を取り込み、マーケットニーズの現状を印刷ビジネスの中核にすることが可能。

セット替え時間と在庫の削減

人件費と在庫管理費というコスト負担を削減することで、利益を創出しやすい環境を構築。

低ランニングコスト

優位性のあるインクジェットのコストメリットを活かし、ビジネスの可能性を拡大。

高品質、高生産性

解像度1,200dpiの高精細印刷と、200m/minの高速印刷を兼ね備えた次世代インクジェットプリンター。印刷ビジネスの可能性を拡大。

特長

高解像度1,200dpi x 1,200dpiプリントヘッド搭載

オフセット印刷並みの高画質を実現。トランザクション業務に留まらずグラフィックアーツの領域まで対応できる次世代インクジェットプリンター。最小ドロップ数(吐出量)の低下により、インクジェット専用紙以外の多様な紙に対して、にじみや裏抜けの無い高品質印字を実現。

最大8c/8c印刷

更なる品質向上の為、CMYK+特色最大4色(低速モード仕様時)のフルカラー印刷が可能。多階調印字モードを装備し、お客様の品質要求レベルにより印字モードの選択が可能。

高精度の搬送技術

これまでミヤコシが培ってきたウェブオフセットプレスの技術を導入。ミヤコシ独自の用紙搬送構造により、高い安定性と高精度の印刷が可能。

2種のインクをラインナップ

新開発の水性顔料インクにより、コート紙を含む様々な用紙への印字を実現。さらにコストメリットの高い水性染料インクも選択可能で、お客様のニーズに柔軟に対応。

充実のオプション加工機

長年、印刷機・特殊加工機の製造を手掛けてきたミヤコシだからこそ出来るデジタルプリンターと加工機の複合システムをお客様のご要望に沿った仕様で提供。(マージナルパンチ、ファイルパンチ、縦ミシン、横ミシン、スリッター、シートカット、折加工等)

主仕様

印刷方式 ピエゾ式ドロップオンデマンド方式
最大印刷幅 508mm
最大用紙幅 520.7mm
解像度 1,200dpi x 1,200dpi
印刷速度 160m/min(1,200dpi x 1,200dpi)
200m/min(1,200dpi x 960dpi)
使用インク 水性顔料インク(新開発のMJP専用インク)
乾燥方式 熱風ロールドライ方式
PAGE TOP