2019年3月18日、19日の2日間にわたり、宮腰精機(株)国見工場にて開催いたしました「OPEN HOUSE 2019 春」 に、ご多忙の折にもかかわらず秋田県大仙市までお越しいただき、誠にありがとうございました。皆様のおかげをもちまして、無事に内覧会を執り行うことができましたことを心よりお礼申し上げます。

OPEN HOUSE 2019春トピック

出展機種

VPP13WL<参考出展>

ミヤコシ独自の搬送システムで、Opp 20μ、PET 12μを間欠搬送する事に成功し、VARでは印刷出来なかった薄手フィルムに対応した間欠搬送の水なしLED-UVオフセット輪転機。オフセット印刷の課題であった、天地サイズ変更に対応する版胴交換を、間欠方式を採用とすることによって不要とし、ジョブ入れ替え時間を圧倒的に短縮しました。オフセット印刷は、製版が極めて容易であり、網点、微細文字の再現性に優れ、小ロット軟包装印刷を環境に負荷なく実現しました。

VPP13WL
VPP13WL 実演の様子

MFX52S

1300mm幅の水性フレキソ印刷と加工とがドッキングしたインラインフィニッシングマシン。一般的には、印刷と加工は別工程となりますが、ミヤコシでは今までの技術を応用して、高生産性を目指して開発した機械です。今回の機械はシートカット排出のみとなりますが、折り返し、シール、貼り合わせ、帯掛け、シュリンク包装等の加工も可能です。まだまだ増える紙加工品の高生産化を提案します。

MFX52S
MFX52S 実演の様子

MHL13A

インキ適正の上がらない基材に対して、プライマーコーティングユニットをインラインで組み込む事により、インキ適正の向上を図り、一般汎用品の基材やその他特殊基材を大幅に増やす事に成功しました。また今回のユニットで、白の隠蔽性を求められる商品に対して、フレキソ白の提案も致します。

MHL13A
MHL13A 実演の様子

 

ページトップへ

動画・カタログ

VPP13WL 軟包装向け水なしLED-UV間欠オフセット印刷機(参考出展)

小ロットの軟包装印刷を間欠オフセット印刷機にて簡易化

  • シリンダー交換不要
  • 水なし LED-UV オフセットインキ
  • デジタル制御による準備時間、ヤレ紙削減
  • 天地サイズは数値入力のみで 215.9mm-406.4mm まで対応
  • ミヤコシ独自の圧胴ステップバックにて 12μm の基材まで対応
  • ユニット数は自由自在、白の 2 度刷り、特色、ニスなどの印刷可能
  • 色間窒素パージでの低臭気化
  • 分速300shot の間欠動作での高速印刷

カタログダウンロード(PDF)

 

MFX52S 包装紙向け水性フレキソ印刷+インラインシートカット装置

水性フレキソ印刷+インライン加工で工程の短縮

  • 使用インキは VOC 対策不要の水性インキ
  • フレキソ印刷部は、省スペース・低コストのスタック型方式(ワンタワー 4 色まで印刷ユニット追加可能)
  • 工程削減による歩留まりの削減と納期短縮
  • インライン加工とデジタル制御により小人数オペレーティング可能
  • リピート機能によりスタートロスの削減
  • お客様の要望に合わせて印刷部も加工部もカスタマイズ可能

カタログダウンロード(PDF)

 

MHL13A UV・水性プライマー対応軟包装用スリーブ式オフセット印刷機

UV・水性プライマーコーティングにより多種多様な基材に印刷可能

  • LED-UV 乾燥装置の採用により基材への熱影響を抑えたフィルム印刷が可能
  • VOC の排出がないクリーンで環境に配慮した印刷ソリューションを実現
  • ローコストなミヤコシ独自の軽量スリーブを版胴、ブラン胴に採用、基材を切らずに迅速なジョブチェンジが可能
  • プライマーコーティングユニット ( フレキソ方式)を搭載し、インキ適性のない基材に対しても効果を発揮
  • コーティングユニットは水性 /UV 兼用でコーティング剤に応じて対応が可能
  • 窒素パージを搭載して LED-UV 乾燥により低臭気化を実現
  • フレキソ印刷による隠蔽性の高い白印刷も可能(表印刷時)

カタログダウンロード(PDF)

ページトップへ

関連記事










OPEN HOUSE 2019関連記事をすべて表示

ページトップへ

PAGE TOP