1. HOME
  2. 製品情報
  3. 用途から探す
  4. 1.ビジネスフォーム
  5. バリアブル加工機 VPR

用途から探す

APPLICATION

1.ビジネスフォーム

バリアブル加工機 VPR

バリアブル加工機 VPR

様々な加工ニーズと製品形態に対応 デジタル印刷を強力にサポートする新世代加工機

VPRは、パンチ加工や縦横のミシン目など、加工ツールを可変制御することにより様々な加工パターンに対応、デジタル印刷を強力にサポートする新世代加工機です。
カセットを使用しないため、従来はカセット交換で対応してきた様々な加工を、交換作業を行うことなく、短時間でジョブチェンジすることができます。
長尺加工にも対応しており、フレキシブルな運用を可能にします。

 

バリアブル加工機 VPR

VPR 導入メリット

  • カセットを使用していないので機外に保管スペースを設ける必要がなく、最小の設置面積で運用が可能。
  • 重量物は全て機械内部で完結。機外での交換作業の必要性がなく、安全性が高い
  • カセットを使用せず、各部はサーボモーターにより個別にバリアブル制御。短時間でのジョブ準備が可能。
  • 加工位置は手動ハンドル(手回し式)と押しボタンで位置調整可能。簡単にセットアップ可能。

VPR 特徴

  • 加工パターン情報が埋め込まれたデータマトリックスコードを読み込み加工ツールを可変制御。
  • 様々なパンチ加工・ミシン加工のパターンに対応し、多彩な製品形態を実現
  • ミヤコシ独自の用紙搬送技術とピッチ制御により、バリアブルながら高い加工精度を維持
  • 固定リピート長にとらわれない長尺ジョブにも対応
  • 要望に応じて印刷機やプリンターとのインライン接続も可能(要協議)

VPR 仕様

  • 最大用紙幅:520.7mm(20.5”)
  • 最大加工幅:508.0mm(20.0”)
  • 用紙坪量:64 ~ 157gsm
  • 加工速度:160m/min (固定ミシン加工)、80m/min (バリアブルミシン加工)
  • 加工天地長:4~24″
  • 折サイズ:天地7″~18″ / 左右7″~20″
  • 最大用紙巻径:1,270mm (50″)
  • 電圧:三相200V