MJP13LXV
ラベル用LED-UVインクジェットプリンター

小ロット多品種対応が要求されるラベル市場において、50m/minの高生産性と柔軟なメディア対応力、印刷解像度1200dpiの高画質を提供するデジタルラベル印刷機

導入メリット

従来の印刷機に勝る高生産性・コストパフォーマンス

ラベル印刷市場で先行する従来の印刷機に対しインクジェット方式は圧倒的に高速で、低コストなデジタル印刷を実現します。

高品質印刷

1200dpiの高精細ヘッドを採用し、豊かな印刷表現を可能に。印刷品質に妥協を許さないエンドユーザーの要求を満たします。

リードタイムの短縮

製版工程が無いため、データ入稿から印刷までのリードタイムを大幅に短縮。短納期少量多品種のラベル生産に最大の経済性・優位性をもたらします。

省スペース化

プリンター単体では、全長5m 奥行き1.7mとコンパクトな設計。最小面積で最大生産効率を実現します。

特長

白インク対応

白インクの2度刷りに対応。メディア・製品を選ばず、デジタル印刷の業務拡大を後押しします。

基材表面への前処理不要

アンカー剤等プレ塗工は一切必要なく、ラベル紙、フィルムなど多彩な基材へ密着性の高い印刷が可能です。

低臭気

UVインク臭を抑える「窒素パージ技術」を採用。残存モノマーを削減し、臭気の発生を大幅に抑えることで、食品・医薬品ラベルへの展開を容易にします。

バックフィード機能

基材を逆に流す「バックフィード機能」により、印刷開始の加速時と印刷終了の減速時に印刷されなかった部分へ印刷することが可能。高価なラベルメディアのヤレ発生を削減します。

主仕様

印刷方式 ピエゾ式ドロップオンデマンド方式
基材厚み 60µm~250µm
基材幅 152.4mm~342.9mm
最大印刷幅 316.8mm
解像度 1,200 x 1,200dpi
色数 5色(CMYKW)
印刷最高速度 50m/min
ドロップ制御 1bit(2値)
使用インク LED-UVインク(新開発のMJP専用インク)
乾燥方式 LED-UV乾燥(窒素パージ方式採用)
PAGE TOP